企業価値評価

企業価値評価とは企業の経済価値を見極めるプロセスです。

企業価値評価は以下のようなさまざまな理由から必要とされます。

  • 企業の買収
  • 企業の売却
  • 企業への財政投資
  • 贈与、売却、またはその組み合わせにより次世代へ譲渡される企業の引継計画の策定
  • 新規の株主間契約やパートナー契約
  • 株主間契約の解約

企業の公正で現実的な価値を測定するには、さまざまなツールや方法があります。より複雑な案件に関しては、考慮すべき要素の多くは主観的なものです。例えば、いかにしてリスクを確実に測定できるか、といったことです。各当事者は多くの問題について、それぞれの見方があるため、概算値に差が生じる場合があります。

CDHの企業価値評価サービス

できるだけ客観的で正当性を主張できる評価を行うために、CDHは次のような包括的なプロセスを採用しています。
 

  • ステップ1:計画と準備。 通常過去5年の財務情報を基に初期財務分析を行い、同業他社や業界の分析を実施します。次に事業所を訪問し、主要な経営陣と従業員と面接を行い、事業内容についてさらに理解を深めます。
  • ステップ2:財務諸表の調整。 収集した情報を基に、無形資産を含めた詳細な財務分析を行い、この結果を使用して、企業の財務情報を標準化します。
  • ステップ3:方法選択。 使用できるさまざまな価値評価方法を評価し、対応するケースに最適な方法を選択します。
  • ステップ4:方法の適用。 標準化した企業の財務情報に
    選択した価値評価方法を適用します。
  • Step 5:結論。 分析により、適切な企業価値評価の結果を得ることができます。結果は金額(ドル)または金額(ドル)の範囲となります。

Newsletter Sign-Up

© CDH. All Rights Reserved.

Disclaimer    FAQ    Contact Us