個人が 2023 年に 401(k) プランに拠出できる金額は、2022 年の 20,500 ドルから 22,500 ドルに増加します。伝統的な IRA への控除可能な拠出、Roth IRA への拠出、セーバーズ クレジットの請求の適格性を判断するための所得範囲もまた、2023 年にはすべて増加します。

2023 年の変更点>

  • 401(k)、403(b)、ほとんどの 457 プラン、および連邦政府の Thrift Savings Plan に参加している従業員の拠出限度額は、22,500 ドルに引き上げられます。
  • IRA への年間拠出金の上限が 6,500 ドルに引き上げられます。 50 歳以上の個人の IRA キャッチアップ拠出限度額は、年間生活費調整の対象ではなく、1,000 ドルのままです。
  • 401(k)、403(b)、ほとんどの 457 プラン、および連邦政府の Thrift Savings Plan に参加する 50 歳以上の従業員のキャッチアップ拠出限度額は、7,500 ドルに引き上げられます。
  • SIMPLE プランに参加する 50 歳以上の従業員のキャッチアップ拠出限度額は、3,000 ドルから 3,500 ドルに引き上げられます。
  • 従来の IRA への拠出控除の段階的廃止範囲も拡大します。状況の詳細についてはIRSからの通知 2022-55 をご参照ください。
  • Roth IRA への拠出を行っている人々の所得の段階的廃止の範囲は、独身者、世帯主、および既婚の納税者が共同で申告する場合に増加します。こちらも状況の詳細については通知 2022-55 をご参照ください。
  • 低所得者および中所得者のセーバーズ クレジットの所得制限は、夫婦が共同で申請する場合は 73,000 ドルです。世帯主には54,750ドル。独身者と既婚者が別々に提出する場合は 36,500 ドル。
  • 個人が SIMPLE 退職金口座に寄付できる金額は、14,000 ドルから 15,500 ドルに引き上げられました。

IRA拠出限度額>

納税者は、特定の条件を満たしていれば、伝統的な IRA への拠出金を差し引くことができます。納税者または納税者の配偶者のいずれかがその年に勤務先の退職金制度でカバーされていた場合、申告状況と調整後所得(AGI)に応じて、控除額が減額されるか、段階的に廃止される場合があります。

納税者も配偶者も職場の退職金制度の対象になっていない場合、控除の段階的廃止は適用されません。

2023 年の段階的廃止の範囲は次のとおりです。

1.職場退職プランの対象となっている場合、

  • 独身納税者の場合、段階的廃止の範囲は、68,000 ~ 78,000 ドルから 73,000 ~ 83,000 ドルに引き上げられます。
  • 夫婦合算申告者の場合、IRA の拠出を行っている配偶者が職場の退職金制度でカバーされている場合、段階的廃止の範囲は 109,000 ~ 129,000 ドルから 116,000 ~ 136,000 ドルに引き上げられます。
  • 夫婦別申告者の場合、段階的廃止範囲は年間生活費調整の対象ではなく、0 ドルから 10,000 ドルの間のままです。

2.職場の退職金制度の対象外の場合、

  • 対象者と結婚している IRA 拠出者で夫婦合算申告者の場合、段階的廃止の範囲は、204,000 ~ 214,000 ドルから 218,000 ~ 228,000 ドルに引き上げられます。
  • 夫婦別申告者の場合、段階的廃止範囲は年間生活費調整の対象ではなく、0 ドルから 10,000 ドルの間のままです。

Roth IRA拠出限度額>

Roth IRA への拠出に対する段階的廃止範囲は下記の通りです。

  • 独身者と世帯主の場合、129,000 ~ 144,000 ドルから 138,000 ~ 153,000 ドルに引き上げられます。
  • 夫婦合算申告者の場合、所得の段階的廃止の範囲は、204,000 ~ 214,000 ドルから 218,000 ~ 228,000 ドルに引き上げられます。
  • 夫婦別申告者の場合の段階的廃止範囲は、年間生活費調整の対象ではなく、0 ドルから 10,000 ドルの間のままです。

<セーバーズ クレジット>

この退職貯蓄拠出金クレジットの所得制限は、

  • 夫婦合算申告者の場合は 68,000 ドルから 73,000 ドルになります。
  • 世帯主の場合、51,000 ドルから 54,750 ドルに上昇。
  • 独身者と夫婦別申告者場合は、34,000 ドルから 36,500 ドルに引き上げられます。

詳細は税に関するヒント発行番号: 2022-178/188をご参照ください。

Taxpayers should review the 401(k) and IRA limit increases for 2023

https://www.irs.gov/newsroom/taxpayers-should-review-the-401k-and-ira-limit-increases-for-2023

401(k) limit increases to $22,500 for 2023, IRA limit rises to $6,500

https://www.irs.gov/newsroom/401k-limit-increases-to-22500-for-2023-ira-limit-rises-to-6500

IRS.gov のNotice 2022-55 で、2023 課税年度の年金制度およびその他の退職関連項目のドル制限に影響を与えるすべての生活費調整に関するテクニカル ガイダンスを読むことができます。

2023 Limitations Adjusted as Provided in Section 415(d), etc.

https://www.irs.gov/pub/irs-drop/n-22-55.pdf

以上

記事の無断転載を禁じます。

CDHでは米国在住の個人の税務申告作成のサービスを行う傍ら、これらの人たちのさまざまな問題点、疑問点を解決、説明すべく日々努力しております。またこれらの人たちが抱える問題は日米の税法をはじめ、移民法、生命保険、リタイアメントのルールなど複雑、多岐にわたります。この記事は複雑な税法や、複雑な規制をできるだけ簡単にポイントだけを理解してもらう目的でお伝えしています。したがって例外もたくさんあります。また、お読みになる時点ではすでにルールが変更されているリスクもあります。最新のルールは、下記のWebsiteよりお問合せください。また実際にアクションを取る場合は、必ず税務・法務などの専門家と相談をしてください。

CDHのリソースはhttps://www.cdhcpa.com/ja/personal-tax/ のページからアクセスできます。

それ以外のご質問はcrossb[email protected]までEmailでご連絡ください。電話でのご質問は基本的にお断りしています。